Axioryの入金方法と手数料・反映時間と入出金の注意点

ここではAxiory(アキシオリー)の入金方法、入金手数料、入金できない場合の対処方法を詳しく紹介して行きます。

このページで分かること
  • Axiory(アキシオリー)の入金方法
  • Axiory(アキシオリー)の入金手数料
  • Axiory(アキシオリー)のおすすめの入金方法
  • Axiory(アキシオリー)の入金できない場合の対処方法

Axioryは入金方法が5つあるので、それぞれの入金方法を画像付きで紹介して行きます。

AxioryはBitwalletとの契約がなくなってしまいましたが、代わりに導入したCurfexという決済サービスは非常に素晴らしく手数料も非常に安いです。

Axioryが新しく導入したCurfexの手数料や反映時間についても詳しく紹介して行きます。Axioryの入金はCurfexとクレジットカードがメインになってくるので、Curfexには登録しておくようにしましょう。

Axioryの口座開設はコチラ

↓海外FXランキング2022年最新版はコチラ

Axiory入金の種類と特徴

入金方法 手数料 反映時間 特徴
Curfex(国内銀行送金) 銀行側の送金手数料のみ 営業日24時間以内 入金手数料は銀行側の振込み手数料のみ
クレジットカード 無料 即時 入金、出金ともに手数料がかからないが、エラーで入金できないことが多い
STICPAY 銀行1%,クレジット3.85% 即時 内容、手数料ともにBitwalletとほぼ同じ
PayRedeem 調査中 即時 調査中

参照:Axiory 入出金方法

Axioryの入金は主に5種類となります。

海外銀行送金は現在利用できませんが、Curfex(国内銀行送金)とクレジットカードがメインの入金方法となります。

STICPAYやPayRedeemも登録しておくと便利なので、ぜひ登録しておきましょう。

Axioryの入金方法で一番のおすすめは、最近導入されたCurfexです。

画像引用元:Curfex

Curfexは送金サービスの一つで「日本の金融庁許可」を取っています。

画像引用元:Curfex

過去のネッテラー(NETELLER)などは金融庁許可を取っていなかったため、日本から撤退することになってしまいました。
Bitwalletも金融庁の許可を取得していないので、撤退の可能性が心配されています。

資金決済に関する法律(平成21年法律第59号)」に基づき資金移動業者の登録が必要だからです。

しかしCurfexは金融庁許可を既に取得しているため、今後も心配なく利用することができるサービスです。
しかも手数料はAxioryが負担してくれ、銀行からの振込手数料のみで送金できます。

Axioryの入金手数料

入金手数料 送金側の手数料
Curfex(国内銀行送金) 2万円未満は1,000円 銀行側の送金手数料のみ
クレジットカード 2万円未満は1,000円 無料
STICPAY 2万円未満は1,000円 銀行1%,クレジット3.85%
PayRedeem 2万円未満は1,000円 調査中

Axioryの入金手数料は、2万円以上は無料、2万円未満は1,000円の手数料がかかります。

その他、各入金方法で手数料がかかりますが、クレジットカードやデビットカードは入金手数料がまったくかからないのでおすすめです。

Curfexへの入金も「みずほ銀行」「PayPay銀行」の2つがあるので、手数料が無料になる銀行があれば良いと思います。

以前は楽天銀行の取扱いもありましたが、2022年3月15日から取り扱いが停止となりました。

STICPAYやPayRedeemは入金に手数料がかかりますが、いざという時に役立ちますし、入金キャンペーンで手数料がキャッシュバックされる時もあります。

Axioryへの入金手数料はクレジットカードが無料なので一番おすすめです。
しかし、クレジットカードはエラーで入金できないことが多いため、Curfexが一番良いかと思われます。

Currfexの手数料は「銀行からの振込手数料のみ」となるため、負担は大きくありません。 出金のことも考えると「Curfex一択」で考えれば良いでしょう。

ただし50万円を超える出金になると、銀行送金の手数料が割安になってきます。 ビットコインは常に変動しているため、何とも言いにくいですが、比較的割安です。

Axioryの入金に反映される時間

入金方法 反映時間
Curfex(国内銀行送金) 営業日24時間以内
クレジット 即時
STICPAY 即時
PayRedeem 調査中

入金にかかる時間はクレジットカードやSTICPAY・PayRedeemはリアルタイムに反映されるので便利です。

Curfexは24時間以内と書いてありますが、入金すると1時間前後で着金されます。

ただ、Curfexは銀行送金になるので、土日や夜の時間帯は入金できません。

急いで入金する場合はクレジットカードやSTICPAYなどを使うようにしましょう。

Axioryの入金 最低入金額(いくらから)

最低入金額 限度額
Curfex(国内銀行送金) 1,100円 上限なし
クレジットカード 5,000円 50万円/1回
STICPAY 5,000円 50万円/1回
PayRedeem 5,000円 50万円/1回

Axioryへの入金は、Curfexは1,100円から入金ができ、その他の方法は5,000円から入金が可能です。

ただし2万円未満は手数料がかかるので、2万円以上で入金するのがおすすめです。

入金上限は50万円の制限が多いですが、Curfexは上限なしで入金可能です。

Axioryの入金 営業時間と土日

入金の種類 営業時間
Curfex(国内銀行送金) 営業日24時間以内
クレジット 24時間OK
STICPAY 24時間OK(銀行からSTICPAYへの入金は平日15時まで)
PayRedeem 24時間OK

Axioryへの夜間や土日の入金だとクレジットカードやSTICPAYがおすすめです。

Curfexは平日の18時まででしたら当日中の入金が可能です。(ただしCurfexへの入金は銀行の営業時間内)

画像引用元:Curfex>FAQ

急な入金のことを考えるとSTICPAYかPayRedeemあたりに登録しておいた方が良いかもしれません。

Axioryの入金方法と手順

ここからはAxioryの入金の手順を画像付きで紹介して行きます。

Axioryの入金 Curfex(銀行送金)

Curfex
Axioryの受取手数料 無料(2万円未満は手数料1000円/回)
Curfexの手数料 無料
Curfexへの入金 銀行側の振込手数料
入金時間 営業日 1-24時間
入金最低額 1,100円
入金最大額
出金最低額 1,100円

Curfexはbitwalletなどのオンラインウォレットではなく送金システムになるので、「Curfexに入金、Curfexから出金」という作業が必要なく、直接Axioryに振り込むことができます。

Curfexは利益の出金も可能なので、メインで使う入出金方法になると思います。

入金する口座を選択して入金

Axioryにログインしてマイページから手続きして行きましょう。

まずは入金する口座を選択して「入金」をクリックしましょう。

国内銀行送金 by Curfexを選択

国内銀行送金 by Curfexを選択します。

入金する銀行を2つの中から選択

入金する銀行は2つ選べるので、「みずほ銀行」「PayPay銀行」の中から選択しましょう。
冒頭でも書きましたが、以前は楽天銀行も取引をしていましたが2022年3月から停止になりました。

※Curfexの登録をしていない場合は登録が先に必要になります。

振込み情報を確認する

入金する銀行を選択すると、支店名や口座番号の詳細が出てきます。

振込みする時は、名前の前にアカウント名を必ず入れるようにしましょう。

振込名義人名

1234567ヤマダタロウ

このように振り込む口座番号が分かるようにしましょう。

口座番号が書かれていないとAxioryの確認作業があるので、着金が遅くなることがあります。

Curfex入金は以上になります。

Axioryの入金 クレジットカード(デビットカード)

クレジットカード(デビットカード)
Axioryの受取手数料 無料(2万円未満は手数料1000円)
振込側の手数料 無料
入金時間 即時
入金最低額 5,000円
入金最大額 500,000円 / 回
出金最低額 1,100円
出金最大額 カード入金時の金額

以前はMastercardやいくつかのクレジットカードブランドは使えませんでしたが、現在はVISA・Mastercard・JCB・UnionPay・銀聯カードなどほとんどのクレジットカードが使えるようになりました。

Axioryのクレジットカード入金は「入金エラー」を起こすことが多く、ほとんどのカードで入金できません。

海外FX業者はクレジットカード出金が「入金のキャンセル」として取り扱われるため、クレジット会社としては海外FX業者と取引したがらず、入金エラーとなることが非常に多いです。

「入金できればラッキー!」くらいの気持ちでやってみると良いでしょう。
2ch(5ch)情報を元に「入金できる可能性のあるカード」をまとめたので参考にしてください。

入金できる可能性のあるカード
  • ジャパンネット銀行VISAデビット
  • セブン銀行のデビットカード
  • エポスカードVISA
  • スルガ銀行デビットカード
  • JCBデビットカード
  • Yahoo! JAPANカード
  • VISAバンドルカード
  • VISAバウチャー(Voucher)カード
  • auWALLETクレジットカード(auウォレット)
  • Vプリカ

「入金できる可能性のあるカード」を見るとクレジットカードではなく「デビットカード」や「プリペイドカード」が多いのが分かります。
Axioryへの入金はデビットカードやプリペイドカードを使うのがおすすめです。

入金する口座を選択して入金

Axioryにログインしてマイページから手続きして行きましょう。

まずは入金する口座を選択して「入金」をクリックしましょう。

クレジットカード/デビットカードを選択

クレジットカード/デビットカードを選択します。

入金するカードを選択

入金するカードを選択して行きます。

新しくカードを登録する時はボタンをクリックしましょう。

入金額を入力

入金額を入力します。

カード詳細を入力

カード番号や有効期限、セキュリティーコードを入力して「支払う」をクリックします。

パスワードを入力

最後にパスワードを入力します。

入金手続きの完了

これでAxioryの入金手続きは完了です。

すぐに入金されるので、数分後には取引をスタートすることができます。

Axioryの入金 STICPAY

STICPAY
Axioryの受取手数料 無料(2万円未満は手数料1000円)
STICPAYの手数料 無料
STICPAYへの入金 クレジットカード3.85%,振込1%
銀行入金 1%
クレカ入金 3.85%
入金時間 即時
入金最低額 5,000円
入金最大額 500,000円 / 回
出金最低額 1,100円

STICPAYは入金に手数料がかかるのでメインで使う人は少ないと思いますが、どんなクレジットカードでも入金できるため、いざという時に便利です。

まずは登録だけしておくと、急な入金に対応できて良いと思います。

※STICPAYはオンラインウォレットですので事前にSTICPAYへの入金が必要になります

STICPAYはオンラインウォレットの1つでBitwalletと同じように銀行やカードをSTICPAY経由で入金することができます。
AxioryはCurfexを導入したので、Curfexが一番メインの入金になると思いますが、STICPAYは夜間や休日での入金もOKで便利が良いです。
STICPAYもぜひ登録しておくと良いでしょう。

入金する口座を選択して入金

Axioryにログインしてマイページから手続きして行きましょう。

まずは入金する口座を選択して「入金」をクリックしましょう。

STICPAYを選択

STICPAYを選択します。

入金額を入力

入金額を入力します。

2万円未満は手数料がかかるので、2万円以上で入力しましょう。

STICPAYにログイン

自動的にSTICPAYのログインページに切り替わるのでログインしましょう。

入金額を確認して支払い

入金額を確認して「今すぐ支払う」をクリックします。

これでSTICPAYへの入金は完了です。

Axioryの入金 PayRedeem

PayRedeem
Axioryの受取手数料 無料(2万円未満は手数料1000円)
PayRedeemの手数料 調査中
PayRedeemへの入金 調査中
銀行入金 調査中
クレカ入金 調査中
入金時間 即時
入金最低額 5,000円
入金最大額 500,000円 / 回
出金最低額 2,000円

PayRedeemについては、2022年4月1日より、オンライン決済サービス『VLoad(旧)』が『PayRedeem(新)』へと一新されました。

PayRedeemは購入したクーポンを使って入金できるサービスとなり、事前にクーポンの購入が必要になります。

画像引用元:PayRedeem公式ページ

クレカ入金の場合はPayRedeemを使うのが便利です。

入金する口座を選択して入金

Axioryにログインしてマイページから手続きして行きましょう。

まずは入金する口座を選択して「入金」をクリックしましょう。

PayRedeemを選択

PayRedeemを選択します。

PayRedeemで入金

PayRedeemのアカウントがまだない場合は、「PayRedeemアカウントを作成する」から登録します。PayRedeemのアカウントを持っていない人は、事前に作成しておきましょう。

既にアカウントがある場合は、「既に作成済みのPayRedeemアカウントから入金する」を選択し、支払いページが表示されます。

PINナンバーを入力、もしくは購入を希望

すでにPayRedeemでクーポンを購入している人はPINコードを入力しましょう。

まだ購入していない人は「購入を希望する」をクリックします。

購入金額を入力

入金する金額を入力します。

Axioryは2万円未満は手数料が1,000円かかるので、2万円以上がおすすめです。

PayRedeemのサイトで支払い

PayRedeemのサイトに自動的に移動するので、金額を確認して「支払いに行く」をクリックします。

※英語になっている場合は、上の方の国旗のアイコンで日本に調整してください

入金方法を選択

入金方法を選択します。

「gropay」はドイツのインターネット決済システムですが、日本では使えません。

銀行入金の選択肢がないので、今回はクレジットカードで入金して行きます。

注文内容の確認

今回は2万円入金ですが、発行手数料700円と管理手数料200円がかかります。

合計で4.5%かかり、手数料がちょっと高いです。

カード情報を入力

クレジットカード情報を入力して行きます。

CVVはカード裏面の3桁の数字となります。

PINコードがメールに来る

購入が完了すると、PayRedeemの画面上ではなく登録しているメールにPINコードが届きます。

メールに来るPINコードをコピーしましょう。

Axioryの入金ページにPINコードを貼る

AxioryのPayRedeem入金ページに戻り、PINコードを入力して「支払う」をクリックします。

これでPayRedeem入金は完了となります。

Axioryの入金 Skrill

Skrillは日本でのサービス利用はできません。

Axioryの入金 NETELLER

NETELLERも日本でのサービス利用はできません。

以前は利用が可能でしたが、今は残念ながら使えません。

Axioryの入金 海外銀行送金

海外銀行送金も確認時は利用不可となっています。

基本的にCurfex(国内銀行送金)があるので、出金の時以外は使うことはないでしょう。

Axiory入金ルールと注意点

Axioryの入金にはルールや注意点があるので紹介して行きます。

入金と出金を同じ方法にする

入金 出金
どの方法でも入金できる 入金と同じ方法

Axioryを含めて海外FXでは入金と出金を同じ方法にしなければいけません。

マネーロンダリング防止法の兼ね合いで、資金洗浄に使われるのを防ぐ目的で、法律で定められています。

入金をする時は出金も意識しながら行うようにしましょう。

利益の出金について

入金の種類 利益の出金
Curfex(国内銀行送金) 利益の出金可能
クレジットカード 入金額まで
STICPAY 利益の出金可能
PayRedeem 利益の出金可能

クレジットカード以外は出金時に利益の出金が可能となりますが、クレジットカードは入金額までしか出金できません。(入金のキャンセルとして出金されるため)

クレジット以外にも別の方法で入金していれば、そちらで出金できますが、クレジットカード入金しかしていない場合は海外銀行送金となります。

海外銀行送金は手数料が2,500円~5,000円ほどかかるので、Curfexなどで一度入金してから、Curfexで出金するようにしましょう。

bitwalletは使えない

海外FXではよく利用するbitwalletですが、Axioryではbitwalletが使えないので注意が必要です。

以前までbitwalletが使えましたが、bitwalletが突如Axioryのネガティブキャンペーンを始め、Axioryとの提携を解除してしまいました。

bitwalletのネガティブキャンペーンは間違った情報でしたが、未だに提携は解除されたままになっています。

その代わり、Curfexという便利な入出金が可能になったので、そちらを使うようにしましょう。

Axioryの入金ができない場合

入金できないトラブルは基本的に「クレジットカードの入金エラー」が多いと思われます。

クレジットカードの入金エラーは「そのカードでの入金を諦めるしかない」ため、他のカードやデビットカード、プリペイドカードで複数試してみましょう。

入金できない場合は「入金元」に問い合わせるのが一般的ですが、入金元が「送金は完了しています」との回答の場合はAxioryに問い合わせしましょう。

Axioryの入金まとめ

Axioryへの入金方法を紹介して来ましたが、Curfexを導入したためCurfexを使うことが多くなりました。

一時期はBitwalletが使えなくなり、Axioryの運営危機が騒がれましたが特に問題なく乗り切ったようです。
Bitwalletよりも安全性の高いCurfexを導入したため、より良くなりました。

Axioryの入出金はCurfexかクレジットカードがメインになってくると思います。いざという時のために、STICPAYかPayRedeemの登録もしておくと便利です。

FX取引は夜行うことが多く、指標発表などは夜が多いため、急に入金が必要になっても対応できるようにしておきましょう。

Axioryの口座開設はコチラ

コメント